#やすす

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/08/05(月) 22:06:40.58 ID:RaOn7GxO0
    好きか嫌いかでいうと


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/05/29(水) 13:24:25.25 ID:f8p1uMaj0
    有言実行


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1_4


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/05/25(土) 00:29:04.11 ID:4eyIJgBt0
    指原VS乃木坂


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/04/20(土) 01:52:21.32 ID:Xb8S0WJV0
    秋元康「10cm近くに寄れるなら 気持ちが伝わるかなかな」


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/04/05(金) 15:57:26.93 ID:3tRebGTkT
    誰にあげる??


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    16_2


    13: 名無しさん@実況は禁止です 2013/02/23(土) 23:24:34.93 ID:CycM/jB90
    宇多丸とのラジオでの対談より

    ・元々、謝罪はYouTubeで配信予定だった。丸刈りは本人の意志であり「気合い」だった。
    ・事前に配信の連絡があったが、YouTubeは秋Pも初見だった。峯岸本人とは電話とメールで話した。

    ・歌丸「あまりに常識と乖離してないか」秋P「現場にいれば止めたと思う。」

    ・メンとファンの距離を縮めたいからSNS始めた。ぐぐたすで情報はダダ漏れ、それがAKBだ。
    大人による完全管理は可能だが、それでいいのか。どこまで本人の思いを伝えていいものか。

    ・何度も言っているが、誤解を呼ぶかもしれないが当初ネタということで恋愛禁止を言っていた。

    ・ファンからペナルティがそれぞれ違うのは、ルールもペナルティの規則もないから。

    正直、万策尽きた。

    歌「恋愛禁止は時代遅れでは?」秋P「80年代アイドルの、隠していた先人たちは正しかった。」

    ・世間の常識とギャップが出てくるのは本人任せだからしょうがないにしても、指導やケアがないときついかなとは思う。

    ・メンタルケアは下位メンでもマネから連絡来てメールで指示する。AKBは周囲が思うほどビジネスライクでない。学校っぽい。

    ・AKB商法と言われている。ビジネスとしてもっと簡単なやり方があるのに大変な握手会をやるのは、ファンからのアドバイスでメン共々、
    なるほどなと思うことがあるから(直接言われるから)。


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/02/12(火) 19:44:35.40 ID:dA4YdSgCT
    結構叩かれてたの?


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20120220_matsui_28


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/01/29(火) 00:46:23.69 ID:KEzB+fGG0
    秋元 
    芸能というかスターをずっと見てきて、エジソンは99%の汗と1%のひらめきだって言ったけど、
    僕は、98%の運と1%の努力、1%の才能だね。努力と才能を軽んじているわけではなくて、
    それがないと100%にならないんだけど、やっぱ運なんだよね。
    http://gqjapan.jp/2013/01/25/2013akb48/4/


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    90: 名無しさん@実況は禁止です 2013/01/28(月) 18:59:09.45 ID:qd0j/vGd0
    秋元康氏“AKBを卒業する日”告白! 田原総一朗氏との対談で

     AKB48を国民的アイドルに育てあげたプロデューサーの秋元康氏(54)が“AKBを卒業する日”をジャーナリストの
    田原総一朗氏(78)に告白していたことが分かった。28日発売の対談本『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 
    秋元康×田原総一朗』(アスコム刊)の中で明かしている。

     「齢78にしてAKBにハマり続けている」という田原氏は同著で、「秋元さんは生涯AKBですか?」と、核心をついた
    問いかけをしている。

     それに対し秋元氏は「いやいや。やっぱりAKB48のサプライズでいちばん驚くのは『秋元康、今日をもってAKBを
    卒業します!」かなと(笑)。ほんと、僕は卒業すると思いますよ」と語っている。

     さらに秋元氏が続ける。

     「僕はAKB48の創業者か初代校長かもしれないけど、たぶんある程度の形ができたところで僕が交代して、『秋元は
    スパルタでやったけど、今度のAKBはこう変えたいんだ』という人が出てこないと、逆に続かないと思いますね。これは
    AKBの宿命です。AKBを守ろうとすれば、それはAKBの進化を止めることでしょう。そのときAKB48は終わるんです」

     その日がいつ来るかは明言していないが、秋元氏はマイクロソフト社を例に出し、「配当に回すカネがあれば全部、
    設備投資に回して成長を続けたから、投資家たちは誰も文句を言わなかった」とした上で、「あるとき、ビル・ゲイツは
    配当を始めたんです。たぶん、そこがマイクロソフトのいっぱいいっぱいのところで、その先のビジョンが見えなくなったんだと
    思います」と分析。

     「AKBに配当らしいものは一切ない」「東京ドームの公演は6億円の赤字が出たそうです」と、攻めのアイドル経営哲学を
    披露している。

     日頃は政治家から強気の発言を引き出すことで知られる論客の田原氏だが、なぜAKBに惹かれて本まで出したのか。

     田原氏は本紙の取材に、「秋元さんを知ろうと思って、AKB劇場を見に行ったら、AKBにハマってしまった。劇場全体が
    一体となって盛り上がっていることに驚いた」と語る。

     そして、「メンバーだけが盛り上がっているのではなく、ファンとのコミュニケーションが取れていて、ファンがAKBを
    育てているという芸能界の今までになかった新しさを感じた」と話す。

     いわゆる“推しメン”は、リーダーの高橋みなみ(21)で、「特にたかみなの一途さにハマってしまった。AKBがわからない
    人たちもこの本を読めば、その盛り上がりがわかるんじゃないか、と思う」と、すっかりゾッコンだ。

     アイドル本ではなく、ビジネス書としてヒットメーカーの秋元氏に斬り込んだ著書は、話題を呼びそうだ。


    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ph01


    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/01/25(金) 13:56:40.87 ID:71CH6llq0
    秋元康13:53 - Mobile - 一般公開

    今日のリクエストアワーで流す告知映像が届いた。
    最低のクオリティーだ。
    開いた口が塞がらない。

    昨日のMCコーナーも中途半端だったなあ。

    強運を持つメンバーを探すビリビリペンも、
    ヒモを引いたら粉が落ちてくる企画も、
    びっくりした。
    しかも、ヒモを引いた川栄に落ちて来たのは、
    バラエティーの定番の白い粉ではなく、
    発泡スチロールの玉のようなもの。
    おそらく、その後も歌わなければいけないので、
    メイクが崩れないようにしたのだろう。
    いや、川栄だけ真っ白のまま歌っても、可愛かったと思うよ。

    あの両手両足に万歩計をつけて、
    制限時間の中で、
    手足をバタバタさせながら一番カウントを稼いだメンバーの勝ちって、いつの時代の企画だろうか?
    (あれ、今日もやるのかなあ)

    COWCOWと大家のあたりまえ体操は面白かったけど、
    COWCOWに「次は第○位です」って言ってもらわないと…。
    何のためのゲストかわからない。

    そう言えば、オープニングの映像とダンスのシンクロも
    ショボかったなあ。

    AKB48の楽曲の総選挙なんだから、
    楽曲をちゃんと観せることが一番大切だ。
    衣装替えの時間を稼ぎたいんだろうけど、
    つまらないバラエティー企画をやるくらいなら、
    メンバーのぐだぐだトークの方がいい。

    業務連絡。
    あの告知映像は何とかしろよ。
    失笑を買うぞ。


    記事の続きを読む

    このページのトップヘ