no title



大島優子が後継指名した、向井地美音の素顔

世代交代が進むAKB48グループで、“ポスト大島優子”として注目されるのが、16歳の向井地美音(むかいちみおん)だ。

向井地は、昨年1月に行われた「AKB48 15期研究生オーディション」に合格。同年4月にバックダンサーとしてデビューし、研究生をへて、ことし2月に「チーム4」の正規メンバーに昇格が決まったばかり。

そんな向井地がスポットライトを浴びたのが、4月6日にさいたまスーパーアリーナで開催された「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200」でのことだ。

「大島がセンターを務め、代表曲の一つでもある『ヘビーローテーション』が披露される直前、前の曲を歌唱した梅田彩佳から、『次の曲のセンターは大島優子が指名しました』という説明があったんです。観客の注目が集まる中、大島のポジションに立ったのが向井地でした。突然の大抜擢(ばってき)に会場がどよめきましたね」(スポーツ紙の芸能担当記者)

卒業間近のエースから直々に“後継者”指名を受けた向井地。AKB48としてのキャリアは短いが、大島とは共通点があるという。

「大島が以前に子役をしていたことは有名ですが、実は向井地も子役出身なんです。とくに06年にフジテレビ系で放送され、映画化もされたドラマ『アンフェア』では、主演の篠原涼子の娘役を熱演して注目を集め、『SMAP×SMAP』などにもゲスト出演しました。今回のニュースを知って、AKB48のファン以外からも『あの子がこんなに大きくなったんだ!』と驚きの声が出ています」(同)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140417-00000003-sasahi-ent


管理人のコメント

画像から見ると、HKTの田島芽瑠っぽいのかな?